レーザー脱毛の痛みと効果の関係

レーザー脱毛には多少の痛みを伴います。

レーザー脱毛に限らず光脱毛や針脱毛にも言えることですが、施術には多少の痛みを伴います。痛みの程度は施術部位にもよりますが、通常はそれほど強い痛みではなく、一度でもレーザー脱毛を経験した方であればわかると思いますが、少しチクッとした痛みです。多少でも痛いのは嫌だからできれば痛くない方がいいと誰しもが考えると思いますが、「あそこのエステサロンでは全然痛くなかったけど効果も同じようになかった」とは良く聞く話。では、レーザー脱毛の痛みと効果というのは、一体どのような関係にあるのでしょうか。デリケート部位(VIO)をメインにして、痛みと効果の関係について考察していきたいと思います。


脱毛施術を受ける際、毛が濃い部分はどうしても痛みを感じてしまうことがあります。痛みを感じにくい人と感じやすい人という差はありますが、毛根の色が濃くて毛が密集していますと痛みが倍増してしまうのです。なぜなら、レーザー脱毛というのは、レーザー光をメラニンに反応させてメラニンを多く含む毛根を焼くことによって毛を生えにくくするという原理になっていますので、太い毛が密集している部分はどうしても痛みを避けることは出来ないのです。


最近では、痛くない脱毛というものもありますが、施術を受けても大きな効果は期待出来ないと思っておいた方が良いでしょう。痛みが少ない=発生する熱が少ない=効果が少ないという理屈が成り立つからです。効果を出すためには、ある程度の痛みと付き合っていかなければいけないのです。


中でも、デリケート部位(VIO)は、先ほども述べたように毛が濃い箇所なので、身体の中で最も痛みを感じやすい場所と言えます。また、デリケート部位は元々他の部位よりも皮膚の色が黒いことが普通ですし、下着などで肌がこすられることにより色素沈着している場合も多いのです。皮膚の色が黒ずんでいる場合はレーザーが皮膚に過剰に反応してしまうため、痛みが強くなりがちです。白い肌の場合にはレーザーが反応しませんので、痛みが和らぐ傾向にあります。もちろん、日焼けしている肌も同じです。痛みを感じやすい上に、肌トラブルが起こる確率が高くなってしまいます。ですので、肌が日焼けをしている場合には、施術が可能かどうか、スタッフと相談してみることをおすすめします。


脱毛の痛みの程度は、よく「輪ゴムをはじいた程度」と表現することがあります。輪ゴムをはじくと言ったって、軽く引っ張ってはじくのと、思い切り強く引っ張ってはじくのでは痛みは全然違いますね。レーザー脱毛でも同じで、部位や肌の色、毛の濃さ、毛の太さ、痛みの感じやすさなどで変わってきます。一般的には脱毛の初期段階は少し強めにゴムをはじいたような感覚を受けると思いますが、毛が薄くなっていくにつれて痛みが少なくなってきます。


中には痛みが不安で脱毛ができないという方もいらっしゃるでしょう。そのような方にも、当院は医療機関ですので、痛みを和らげることができる麻酔を行うことができます。現在、当院では笑気麻酔表面麻酔(クリームによる麻酔)を行うことができます。レーザー脱毛の痛みはそれほど大げさなものではないので、ほとんどの方はこういった麻酔は不要なのですが、もし不安だという方は遠慮なくご相談くださいね。

脱毛の基礎知識

【コラム】
試す価値あり!ワキガの改善とワキ脱毛
【リスクについて】
減るどころか逆に毛が濃くなった?硬毛化のリスクについて
【基本の「き」】
体毛の毛周期とは?
【リスクについて】
知っておくと安心!医療レーザー脱毛のやけどのリスクとは?
【基本の「き」】
脱毛前にしてはNGなこと
今月のおススメプラン
全身脱毛
VIO脱毛
未成年者向け同意書
男性の方は男性専用脱毛サイトへ

カウンセリング予約

pagetop